【免疫力を高めるレシピvol.7】セロリと黒キクラゲの甘酢和え~35歳以上の人は積極的に食べましょう~

今回はセロリ黒キクラゲを使います。

セロリは精神安定の効果があり、気の巡りや、血流を良くしてくれます。

春の時期や、イライラしやすいときには特にオススメです。

 

黒キクラゲはカラダの潤いを補い、便秘下痢の方におすすめです。

特に腎臓を整えたい方や、35歳以上の方は積極的に食べてみてくださいね。

 

免疫力アップ薬膳レシピ by 近藤(エスニック料理講師)

 

 

【セロリと黒キクラゲの甘酢和え】

セロリ 100g
黒キクラゲ 5g
塩 小さじ1/2
砂糖 大さじ1
酢 大さじ1
ワサビ 小さじ1/2
マヨネーズ 小さじ2

1)キクラゲは水戻しして湯通しして細切りにする。
2)セロリは筋をとって斜め切り
3)セロリとキクラゲに塩を振って軽く揉んで、5分置き水を切る。

4)キクラゲ、セロリ、調味料をさっと混ぜ合わせたら完成。

 

今回のお料理を美味しく作るコツ

 

エスニック講師 近藤先生 ブログ

https://cookers.hatenadiary.jp/

 

今回は35歳以上の方必見のレシピ

若い時は見た目だけでなく体内の免疫力も高いことから多少の風邪ならばすぐに治りました。
ですが35歳を過ぎるとそうは言っていられず、意図的に免疫力を高めることが要求されます。
そうした方におすすめしたいのが、今回紹介したセロリと黒キクラゲの甘酢和えです。
美味しいだけでなく免疫力を高める効果があります。

 

メニューを聞いて「ビタミンが豊富にあるセロリはともかく、なぜ黒キクラゲを使用するのか」と疑問に思った方もいるでしょう。
実は黒キクラゲには免疫力を高める栄養素が豊富に含まれています。

それが「食物繊維」。

100グラム中50グラム以上が食物繊維というデータがあるほど、黒キクラゲには食物繊維が豊富に含まれています。
黒キクラゲに含まれるは水に溶けない不水溶性のタイプなのですが、溶けないかわりに体内で水を含んで大きくふくらみ、腸内ある老廃物を巻き込みながらおなかの中を流れて行くという性質があります。

 

腸内環境がきれいになると免疫機能が外部からの迎撃に集中できるようになるため、黒キクラゲによって腸内環境が整備されると、免疫力も高まるようになるのです。
また黒キクラゲによって腸内にある老廃物は便として排出されることから、お通じも改善されるようになります。

 

セロリに関してもビタミンB群やビタミンEなどビタミンが豊富にあるため免疫力を高める効果がありますが、同時に「食べ応えを増やす」という目的でチョイスしました。
黒キクラゲだけだと食べ足りないように感じるかもしれませんが、肉厚なセロリの存在が食べ応えのフォローをしてくれます。
さらに黒キクラゲとセロリはそれぞれ低カロリーなので、ダイエット中の方でも安心して食べられるようになっています。

 

和えものなので今回は甘酢を使用しました。
甘酢を使用したのは、黒キクラゲやセロリがよりおいしくなるという理由のほかに、「黒キクラゲの鉄分をより吸収しやすくする」ことも目的にしています。
黒キクラゲは食物繊維だけでなく鉄分を多く含まれており、肌の細胞などに酸素を供給するときなどに使用されています。
鉄分が不足すると細胞で酸素不足が発生し免疫力などが弱まるため、免疫力を維持するには鉄分も一定量は取らなければいけません。

 

黒キクラゲはそうした鉄分が豊富にあるのですが、そのままでは体には効率よく吸収されません。そこで登場するのが甘酢。
甘酢に含まれるビタミンCが黒キクラゲの鉄分の吸収をサポートして、免疫力を高めてくれます。
さらにビタミンC自体にも免疫力を高める効果があるため、黒キクラゲと甘酢のダブルであなたの体をよい状態にしてくれるのです。

もっと詳しく知りたい方は、お気軽にワークショップにご参加くださいね!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事