【免疫力を高めるレシピvol.12】チンゲン菜の中華風おひたし~血流アップ&精神安定~

今回ご紹介するのは、【チンゲン菜の中華風おひたし】です!

チンゲン菜は血流アップの食材です。

また、脾臓を元気にしてくれます。

精神を安定させる効果もありますよ。

 

このおひたしに、松の実や白胡麻をトッピングすれば、肺の養生に

くるみや黒胡麻をトッピングすれば腎臓の養生になります。

ご自身の体質に必要なものを合わせてみてくださいね。

 

免疫力アップ薬膳レシピ by 近藤(エスニック料理講師)
チンゲン菜の中華風おひたし】

 

チンゲン菜 2株

ごま油 大さじ2
醤油 大さじ2
お酢 大さじ1
ゴマ 少々

1.お湯にごま油大さじ2を入れ、青梗菜を20〜30秒茹でる
2.氷バットで色止めをする
3.食べやすい大きさに切り、タレを絡めて冷蔵庫でしっかり冷やす

 

この料理を美味しく仕上げるコツ

 

今回動画に登場した近藤先生のブログはこちら
https://cookers.hatenadiary.jp/

 

↓↓↓更に詳しく知りたい人は↓↓↓

 

不調を感じている人必見!血流が滞ると何が起こる?

血液は、私たちの身体の隅々に食物から摂った栄養成分や酸素を運ぶ役割を担っています。

ということは、その流れが滞れば身体のあらゆる部分に不調が現れてもおかしくないということになります。

では、血流が滞ると身体にはどのような不調が現れやすくなるのでしょうか?

具体的にご紹介していきましょう。

 

手足の冷え

血流がスムーズな状態では、毛細血管にまでしっかりと血液が送り届けられるため、冷えが起こることはほぼありません。

一方、血流が滞っている場合では、手足の先端にある毛細血管に血液がなかなか届かず、冷えが起こります。

冷えは身体全体に起こるものですが、特に手足が極端に冷えを感じる場合では「末端冷え症」の可能性が考えられ、すぐに対策を行わないと悪化するリスクが高まります。

 

肩凝り

特に同じ姿勢で過ごす時間が長い事務職などの場合では、肩に力が入って筋肉が硬くなり、それによって血流が妨げられることがあります。

そしてこの状態が起こると、今度は肩凝りに悩まされることになるのです。

肩凝り解消には適度な運動も必要ですので、110分程度のストレッチなどを行うことを習慣にしてみましょう。

 

眼精疲労・クマ

PCやスマホの操作時間が長いと、目周辺の筋肉に凝りが生じ、眼精疲労やクマの原因になります。

PCやスマホの長時間使用で目を酷使すると、ブルーライトの影響をより受けやすくなり、脳の覚醒作用で睡眠が浅くなることもあります。

そうならないためには、PCやスマホの長時間に及ぶ連続使用を避けた上で、食品でケアするなどの対策を行う必要があるでしょう。

 

更年期障害と血流

更年期障害とは、おおむね50歳前後の10年間を意味し、女性ホルモンのバランスを崩しやすい時期です。

この時期に差し掛かると、更年期障害の一端として血行不良が起こりやすくなるほか、精神不安定といった症状も現れやすくなります。

もしも更年期で精神不安定の症状が現れたら、こちらのページでご紹介しているレシピを実践するとともに、婦人科や心療内科などを受診し、適切な処置を受けることをおすすめします。

 

【免疫力を高めるレシピvol.12】チンゲン菜の中華風おひたし~血流アップ&精神安定~

 チンゲン菜の中華風おひたし、とても簡単なので是非チャレンジしてみて下さいね。

血流アップ、精神安定に繋がりますので、おすすめです。

ワークショップではさらに詳しくお伝えしてますので、お気軽にご参加ください!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事