【免疫力を高めるレシピvol.11】きのこと小豆のマリネ~日持ちしないきのこを一気に使えます~

こんにちは、トモコです!

すっかり涼しくなってきた今日この頃ですが、皆さまはどうお過ごしでしょうか。

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期。
乾燥もしやすいですし、風も冷たくなるので、服装などもなるべく暖かいものを選んで着るようにしてくださいね♪

そして、日々の健康管理に欠かせないのが「食生活」

今回は前回に引き続き薬膳を食生活に取り入れながら、免疫力を高めていく方法をご紹介していきます。

薬膳は日頃使用している食材をちょっと工夫して摂るだけでできるので、覚えておくと日頃の健康管理にとても役立ちますよ♪

野菜の栄養を美味しい料理で効果的に取り入れて、免疫力を高めていきましょう!

お待たせしました。

今回ご紹介するレシピは「きのこと小豆のマリネ」です。

実は小豆って解毒作用があるんです。
体の熱を下げるだけではなく、下半身のむくみも解消してくれますよ♪
そのため、「むくみやすい」と悩んでいる方にもおすすめです。

そして「きのこ」

きのこは、脾臓を元気にしてくれる代表的な食材。

きのこの中でも特に「しめじ」は血液を補ってくれるので、便通を良くしてくれます。

エリンギは空咳や寝汗、体の潤いを補ってくれる働きがあります。

舞茸は五臓全体に良い影響を与えてくれる食材で、免疫に必要不可欠な「気」を補ってくれる効果が期待できます。こちらもバランス良く摂りたいですね♪

さらに、舞茸には美肌効果もありますし、肥満予防にも繋がります。

「最近ちょっと太ってきたな」

「肌荒れが気になる~!」

そんな方は舞茸を定期的に摂ると良いですよ!

どんな種類であれ、きのこは野菜の中でもあまり日持ちがしない食材ですよね?

今回ご紹介するレシピは、日持ちがしにくいきのこを一気に使えて美味しく仕上げることができます!

ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね。

免疫力アップ薬膳レシピ by 近藤(エスニック料理講師)

「きのこと小豆のマリネ」は、エスニック料理講師である近藤先生考案のレシピ!
主な材料と作り方はこちらです♪

 

【きのこと小豆のマリネ】

キノコ(しめじ、エリンギ、椎茸など) 2〜3パック
小豆 100g
ニンニク 1個
オリーブオイル 100cc
塩 適量

1.小豆を10分水から茹でこぼし、小豆と水100ccで炊飯器にかける
2.フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れて狐色になるまで火をかける
3.ニンニクを外し油の一部を小豆にかける、キノコを入れて焼き付ける
4.油とバルサミコ酢を入れたら完成

 

 

美味しく作るコツをプロの料理人が解説(動画)

↓↓↓エスニック講師 近藤先生 ブログ↓↓↓
https://cookers.hatenadiary.jp/

 

いかがですか?小豆は、甘く煮て食べる方法が日本では一般的ですが、このようなマリネにしても美味しく食べることができます♪

材料には、「しめじ」や「エリンギ」、「舞茸」と今回紹介しましたが、使うきのこはお好みでOK!ぜひ、自分が好きなきのこをたっぷり使って作ってみてください。

きのこは、一口大より小さいサイズにカットして調理すると食べやすくなりますよ。

小豆は柔らかくし過ぎると食感があまり感じられないので、ちょっと固めくらいに炊き上げるのがちょうど良いです♪一度炊いてみて柔らかくなったら水の量などを調整してみてくださいね。

逆に炊き上がった小豆が固すぎてしまった場合は、好みの固さになるまでフライパンなどで煮るのがおすすめです。

きのこを炒める時は、焼き色をしっかり付けたいので、始めはあまり箸でいじらないのがポイント!弱火で炒めると水分が出て焼き色がつかないので、強火で炒めるようにしましょう。

小豆ときのこを合わせたら塩を加えますが、味見をしながら調整していきましょう♪もしおつまみ用にしたいなら、ちょっとだけ塩を多く加えるとよく合いますよ。

日持ちしないきのこを効率良く使えて、簡単に作れるだけではなく、一品料理としても、おつまみとしても美味しく食べられる今回のレシピ♪とってもおすすめなので、ぜひこれからの食生活に取り入れてみてくださいね。

ワークショップでは、さらに詳しくご紹介しております。
是非、お気軽にご参加くださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事